プリモタイムズ

時には真面目なこと・ビジネスにおいて必要な事も書きます。が、本の紹介をしたり、黒猫のウィズの情報もあります。週2回のゆる~いクイズが好評です。

座り続けない働き方

【 プリモタイムズ 第50号 】

 

 

気になる記事

座り続けない働き方

f:id:purimo3:20200621135018j:image

 

海外では常識となりつつある

座りすぎによる健康リスク。

 

肥満・体重増加・糖尿病

がん・心臓の冠動脈疾患は

座位時間の長さと

正の相関関係をもつという

研究結果が多いと

言われています。

 

立ちっぱなし・座りっぱなしでの

仕事よりも

座り時々立ち仕事の方が

 

  • 姿勢を変えるので眠気を抑制
  • むくみや疲労を抑制
  • 腰痛や肩こりの改善
  • オフィスワークの効率性の向上
  • コミュケーションの活性化

 

などと

健康維持や生産性向上にも

つながると言われています。

 

最近は取り組む企業も

増えてきました。

 

在宅ワークでも

f:id:purimo3:20200621134724j:image

 

コロナ禍により

在宅ワークする方が増え

座りすぎはよくないと

改めて注目されました。

 

長時間座りっぱなし

動かない状態での

作業はよくないでしょう。

 

30分に1回は

  • トイレや休憩に立つ
  • コピーを取りに行く
  • スタンディングデスクを使う
  • 歩く

 

など

こまめに立つことを

推奨します。

 

それが難しい場合は

座ったまま

足を動かすだけでも有効です。

 

  • 足首を回してみる
  • 伸ばしてみる
  • かかとを上下させる
  • 膝を上げてみる
  • 足を上げる

 

などをやってみると

足の筋力を使ったり

血の巡りがよくなります。

 

あとは水分補給も必須です。

座りっぱなしは

水分不足になりやすく

これが血液の循環を

悪くすることもあります。

 

特にこれからは

熱中症のリスクが

高まる時期です。

 

何より健康が第一です。

 

今週も元気と笑顔で

よろしお願いいたします。

 

本日の一冊

片桐あい著

『テレワーク 新しい常識』

 

これからのテレワーク──新しい時代の働き方の教科書

 

 

一か月ほど前に発刊された本です。

 

まさにアフターコロナに向け

ハード面だけではなく

ソフト面も網羅された

本です。

 

テレワークがうまくいくために

必要な「3つの力」

 

「セルフマネジメント力」

「マルチコミュニケーション力」

「成果の見せる化力」

 

を分かりやすく

説明しています。

 

テレワークできない人は

仕事ができない人とも

言われてしまう

時代です。

 

必読の本と言えるでしょう。

 

これからのテレワーク──新しい時代の働き方の教科書

 

黒猫のウィズ 1,008日目

魔道杯も今日が最終日。

昨日は10回ほどやりました。

 

今回はほとんど

できませんでしたね。

 

マンスリーミッションは

ガチャできるくらいに

なりましたので

そろそろリコラを

引きたいな

 

f:id:purimo3:20200621153803p:image

おまけコーナー

今週の一枚

f:id:purimo3:20200621123704j:plain

 

霧ヶ峰ニッコウキスゲ

日光の霧降高原、尾瀬ヶ原などと並び

群落が有名な所である。

 

ゼンテイカというキスゲ亜科の多年草ですが

ニッコウキスゲという名前の方が

一般的ですね。

 

朝方に咲くと夕方にはしぼんでしまう

一日花とも言われています。